シューズクロークからの動線

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

玄関は住まいの顔とも言われる部分です。それだけに住宅のどの部分よりも美しく、清潔感を保ちたいものです。そこでポイントとなってくるのがシューズクロークです。靴や傘を収納するだけにシューズクロークではなく、屋外で使用するものまで大容量に収納できるシューズクロークが設けられることが増えています。

我が家も玄関スペースと同サイズのシューズクロークを設け、玄関スペースには靴箱も設けず、スッキリと広々とした空間を保つことができています。壁にはL型に可動オープン棚を設けました。家族の靴を大容量に収納することができていますし、どこにどの靴があるかが一目で把握でき、オープン棚なので出し入れもしやすいです。

棚には靴を並べているだけでなく、子どもの外用のおもちゃや工具など収納ボックスを揃えて整理しています。下部にはポールを設け、傘をかけたりボールを吊るして収納できるようにしています。土間収納スペースもしっかりと確保したので、大きさのあるベビーカーや三輪車、旦那さんのゴルフ用品などもスッポリ収められています。玄関隅にいつまでも置きっぱなしにしがちなこれらをシューズクローク内に収められることで玄関の美しさが保ちやすく、いざという時でもサッと片づけられるので重宝しています。

収納力に加え動線にも注目しました。シューズクロークからそのまま室内へ入れるような造りにしたことで、シューズクロークで靴や物をしまい、玄関へ戻って室内へ入るというワンアクションが減らせています。このワンアクションがないだけで今まで片付ける習慣がなかった子ども達も自分で靴や使った物をしまうようになりました。友人宅は、シューズクロークから洗面室へと動線を繋げていました。動線によってシューズクロークの使い勝手が増すだけに、収納力と動線に注目してシューズクロークを設けましょう。

シューズクローク

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

最近玄関にシューズクロークを設ける住宅が増えてきたように思えます。住宅と収納は永遠のテーマのように感じますが、その収納という観点を非常に重視した家が最高の家と感じる人も少なくないのです。玄関においても同様です。玄関をスッキリさせたいと考える人は多いと思います。家族が出入りする場だけでなく、来客者や見ず知らずの宅急便の人なども目にする場です。住宅の顔となる玄関への収納も大変重要なのです。

シューズクロークを設けることで玄関スペースをスッキリさせることができます。家族が多ければ靴の数も増えます。玄関は靴だけでなく傘やレインコートといった雨具も収納します。それだけでなく外で使用する子どものおもちゃや自転車、三輪車やベビーカーなどもすっぽりと収納できるシューズクロークがあるとお出かけする際もスムーズに外出できそうです。傘は専用の傘ホルダーを設けそこに傘を掛けてスッキリ収納するといいでしょう。レインコートやいつも使用する上着も掛けて収納できるようにしておけばどこに何があるか一目で分かり出し入れもしやすくなります。

シューズクロークに設ける棚は収納する物に合わせて高さを調整できるように可動タイプにしておくといいでしょう。大容量に収納できるシューズクロークがあると玄関をスッキリ明るい空間にしてくれることでしょう。急な来客者が訪れても慌てずに済みます。我が家も新築住宅購入を検討しています。その新築住宅にはこのシューズクロークを設けて住宅の顔となる玄関を素敵な空間に仕上げたいと思っています。

玄関まわりにも意識を

Posted by コガネイ under ハウスメーカー, 家造り, 新築 Tags: , , , ,  •  コメントは受け付けていません。

  住宅を建てる時に、おざなりにされてしまいがちなのが玄関まわりです。大概の家庭では居室優先で考えるため、玄関まわりにおいては余り工夫がされないことが多くなります。

 しかし、せっかく建てるお家なのですから、各所を細部までこだわってみたほうが、住み始めてからの満足度が高くなります。

 もしも延床面積に少し余裕があるようでしたら、玄関の三和土やホールを広くとってみるとよいでしょう。玄関が狭いと意外と暮らし向きが不便に感じてしまいます。大容量のシューズボックスやシューズクローゼットを設置しておくことで、三和土に靴が散乱するのを防ぐことができます。また季節ごとの靴の入れ替えもシューズクローゼットがあると非常に便利です。靴以外にベビーカーや子供たちの遊び道具やご主人のゴルフセットなど、仮置きする場所としても利用可能です。

 玄関は訪問者がまず第一に印象としてインプットする場所でもあります。玄関ホールが広く開放的であれば、優雅な印象を受けます。壁の一部をガラスブロックにすると外からの目線を気にせずに光を取り入れることができます。センスよく観葉植物など置いておくと素敵ですし、植物も太陽光が届くので生き生きとしてきます。

 このように玄関まわりを二の次にせず、きちんと考えてデザインしてあげることで、住宅自体の完成度が高くなります。わたしの知り合いもこの考えを取り入れて佐賀住宅を構えました。来客がある際など玄関をはいったところで「素敵なお家」だと褒めてもらえるのが非常に嬉しいと言っておりました。