玄関まわりにも意識を

Posted by コガネイ under ハウスメーカー, 家造り, 新築 Tags: , , , ,  •  コメントは受け付けていません。

  住宅を建てる時に、おざなりにされてしまいがちなのが玄関まわりです。大概の家庭では居室優先で考えるため、玄関まわりにおいては余り工夫がされないことが多くなります。

 しかし、せっかく建てるお家なのですから、各所を細部までこだわってみたほうが、住み始めてからの満足度が高くなります。

 もしも延床面積に少し余裕があるようでしたら、玄関の三和土やホールを広くとってみるとよいでしょう。玄関が狭いと意外と暮らし向きが不便に感じてしまいます。大容量のシューズボックスやシューズクローゼットを設置しておくことで、三和土に靴が散乱するのを防ぐことができます。また季節ごとの靴の入れ替えもシューズクローゼットがあると非常に便利です。靴以外にベビーカーや子供たちの遊び道具やご主人のゴルフセットなど、仮置きする場所としても利用可能です。

 玄関は訪問者がまず第一に印象としてインプットする場所でもあります。玄関ホールが広く開放的であれば、優雅な印象を受けます。壁の一部をガラスブロックにすると外からの目線を気にせずに光を取り入れることができます。センスよく観葉植物など置いておくと素敵ですし、植物も太陽光が届くので生き生きとしてきます。

 このように玄関まわりを二の次にせず、きちんと考えてデザインしてあげることで、住宅自体の完成度が高くなります。わたしの知り合いもこの考えを取り入れて佐賀住宅を構えました。来客がある際など玄関をはいったところで「素敵なお家」だと褒めてもらえるのが非常に嬉しいと言っておりました。

固定電話は必要?

Posted by コガネイ under 家造り Tags: , , ,  •  コメントは受け付けていません。

昔は、一家に一台電話機があるのが当たり前でした。しかし、現在は、携帯電話の普及により、電話機を自宅に設置する家庭も少なくなってきたのではないでしょうか。現に、うちの家には固定電話はありません。

夫婦とも携帯電話を所有している為、固定電話は全く必要ないからです。私が、小学生や中学生の頃は、まだ携帯電話というものがありませんでした。友達と遊びの連絡をする時は、必ず固定電話からかけていました。好きな男子に電話をかける時は、毎回ドキドキしたものです。携帯電話がないので、どこかで待ち合わせする時も、相手が遅くなっても来るまで待たなければいけませんでした。

今は、携帯電話をもっているのが当たり前の時代です。小学生でも携帯電話を持つことが多いのだとか。これから子供を育てていく親として、携帯電話のあり方は考えるべきところになります。

新潟に新築した友人宅は、固定電話は使わないけれど、将来的に何か通せるようにと空配管を設置しておいたようです。携帯電話の普及で固定電話の必要性は薄れてきていますが、光でインターネットをする時には、結局線を通せる場所が必要になる為、必要ないからと省かない方がいいのだとか。

家を建てる時は、現状だけではなく、将来まで考えないといけないようですね。

夢占いにおいて、電話は、人とのコミュニケーションを求めていることを示しているようです。電話をかける夢は、人付き合いが積極的になっている時に見る夢です。電話をしても相手が電話にでない時は、相手とのいざこざが起こる前触れのようなので注意が必要です。

個性的な玄関アプローチ

Posted by コガネイ under 家造り, 新築 Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

 私の友人が戸建て住宅を新築しました。お祝いを持って、訪問したところ、一目で、彼女家族の住まいと分かりました。それは、玄関アプローチが個性的だったからです。住まいの前に
普通車が1台置けるだけのスペースがあるので、カーポートを作っていました。そのため、ブロック塀などで囲むことができません。しかし、何もなく、道路からすぐ玄関というのは、間が抜けているというか、けじめがつかないので、玄関正面から少し位置を南にずらし、建物と平行な線よりも45度ほど、道路側に傾けて、門柱と花壇を設置しました。

門柱はセメントで全体を作り、周囲にはレンガをその内部にはモザイクタイルを施しています。その上に、陶器製のポストやインターフォンも設置しました。

さらに、何年か前に、旅行先の民芸村で作った陶板の表札もはめ込んでいます。門柱の足元にはレンガで、花壇も作られ、大好きなローズマリーが植えられていました。
 門柱が立っているというのは、道路と我が家のけじめがつくのと同時に、住まいが敷地全体に溶け込み、敷地全体が1つの空間となり、演出ができます。業者に特注することになったので、少しお金はかかりましたが、手作りの陶板の表札もはめ込むことができ、満足がいく出来になったそうです。

住まいに足を踏み入れる前から彼女家族の家という感じが出ていて、ほほえましい感じがします。インターフォンを押すと、彼女の明るく、弾んだ声がかえつてきます。

カーポートのへの出入りのため、塀を作ることができませんでしたが、開放的な玄関になっていて、道路からの死角もなく、防犯上かえって、効果的になりました。門柱1つで、敷地全体が素敵な雰囲気になりました。

家づくりを考えている友達たち。

Posted by コガネイ under 不動産, 家造り, 新築 Tags: , , ,  •  コメントは受け付けていません。

今日は家づくりを考えている友達たちの話をしようかと思います。

昨年の東日本大地震前は多くの友人が「年齢を考えるとそろそろマイホームの取得を考えなければ!」という感じで家づくりや不動産物件の購入を考えていました。

しかし震災後からは家を建てることに不安をお覚えた友人が多いらしく、あまり前向きに話を進めているような友達もあまり多くありませんでした。

しかし、あれから一年が経ち消費税の引き上げなども考える中、一性jに動き出した感があります。

友人の一人は、震災前から話をしていた地元の工務店との打ち合わせを再開させたようで、もうそろそろ契約に入るようです。

また他の友人は不動産会社で中古住宅もしくは中古マンションを探して、タイミング良く自分が希望していたエリアに中古住宅が出たようです。

「一度迷うと足が完全に止まってしまいそうなので、一気に契約までいった!」と友人は言っていました。

また中古住宅を購入してリフォームをしたらしく、建材販売のインターネットショップで目を付けていた住宅設備機器を付けて、大満足らしいのです。

その他にも家づくりや不動産購入に動き始めた有jんたちが多く、これから我が家自慢大会が始まりそうな勢いです。(笑)

新築を建てられるのだろうか

Posted by コガネイ under ハウスメーカー, 新築 Tags: , ,  •  コメントは受け付けていません。

最近、妻が友達になった方の旦那さんが住宅メーカーに勤めているらしく家づくりの話を良くしているようです。
つい先日も妻がその友達から現在の住宅業界の話について聞いてきたみたいなんですが、やはり東日本大震災の影響で住宅業界は一転して苦しくなったらしいのです。
震災前までは住宅ローンも低金利で家を建てるなら消費税が上がるまでの今が建て時!っていう感じだったらしいのですが、
この震災で住宅メーカー自体が新築の住宅を建てようにも建てられない状況になってしまったようです。
とにかく新築で住宅を建てるための建材や住宅設備機器が入ってこないらしい。
震災で関東や東北にあった工場が被災して建材の生産が大幅に少なくなってしまったことや被害を受けていない西日本の工場も震災復興などの関係でできるだけ効率のいい物しか作らなくなり、
そのできた建材なども優先的に被災地に送る様に要請が来ているとか。
住宅会社や工務店ってやはり新築住宅を建ててなんぼの世界だから建材などの納入がなく、
工事の現場が止まってしまうと二進も三進もいかなくなってしまうので非常に厳しい状況に突入してしまったようです。
これから新築の住宅を建てようと考えている私たち家族もこういった現状を聞いてしまうと心にブレーキがかかってしまって何とも言えないです。
誰が悪いわけでもないですから。
これから先、建材の値上げなども考えられるので本当に新築で住宅が建てられるのか不安になってきました。

異動の撤回

Posted by コガネイ under 人事異動, 新築 Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

前回、人事異動の話で範疇外の事業所に異動になるかもしれないとお伝えしましたが、その話が無くなりました!

もう一度住まいづくりの話をリスタートできます。

異動で引越しも考えなくてよくなりました。

なぜ人事異動の話が無くなったかと言うと、今回の人事異動で人員整理も含めかなりの人数を動かすわけですが、

予想以上の経費が伴うことと、

またT市の事業所での新部署立上げは相対的に効率が上がるかを検証し直した所、

あまり効率が上がるわけではなく逆にデーターの拡散になってしまうということでいったん見直し中断と言うことになったそうです。

個人的には主任への昇格話もなくなったんでこれはこれで複雑な感じですが、現状維持で良いんです。

現状維持『が』良いんです、今は。

賃貸から賃貸はもう嫌。

上司や同僚も「異動が無くなって良かったねー。」と言ってくれてこちらとしても一安心ですわ。

また新部署設立の話がたちあがる前に家を建てておきたいです。

と言うのも、家を建てたりマンションを買ったりした社員は人事異動でよっぽど重大な人事異動のケースではない限り大目に見てもらえるという場合があるんです。

前回の人事異動の話だと本来ならば同僚のUの方が仕事のクラス的には主任に近い立場なんですが家を建てたばっかりということで僕に話が回ってきたようです。

今のうちに、今のうちに。(慌)

とりあえずこれからまた始める事を2社のハウスメーカーさんに伝えようと思います。

改めて家造りと土地探しを考えます!

地元工務店か大手ハウスメーカーか

Posted by コガネイ under 家造り, 新築 Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

前回の話の続きからになってしまうのですが、当日キャンセルしたもう一社ですが、

自分が仕事の関係で休みが取れなさそうだったので嫁さんと子供たちで行ってもらいました。

嫁さんの感想としては「S建設」と比較してしまうと話の内容や対応的がやや劣るかなっていう感想と土地に関してはあまり情報がないらしく、

基本的に外部の不動産屋に頼まなければいけないとのことでした。

「S建設」は新築建設とは別の部門で不動産事業も行っているということで家も土地も含めてお世話しますとのことだったので地元工務店では「S建設」、

大手のハウスメーカーは選別した結果、営業担当者の話が一番わかりやすかった「Uホーム」に話を進めてもらうことにしました。

まだ一社に絞るには早すぎる段階なので地元工務店と大手ハウスメーカーの2社に競合してもらい、

家のデザインはどちらも嫁さん好みなので、どちらか今後の提案がいい方で確実に決めたい所です。

どちらにしてもH市内で価格と場所、坪数がバランスよく見合う土地を提案していただけるかということに尽きると思います。

「Uホーム」の営業担当さんはH市の不動産屋さんと付き合いが長く、今までも住宅を建てる際に地元不動産屋で土地を決めているとのことなのでそのつながりに期待したい所です。

通勤の行き来や、休日に歩いていると建設中のいろいろな建物が気になるようになりました。

まだ全然新築の家造りの話が具体化もしていないんですが心躍りますね。

工務店

Posted by コガネイ under ハウスメーカー, 家造り Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

ちょっと前に同僚の新築のうちを見せてもらってから大手ハウスメーカー以外にも地元の工務店さんの何社かに資料請求をしたんだけれど、いくつか資料が送られてきてました。

資料を送ってこなかった工務店もあるけど、メールでの返信があったり、電話がかかってきたりしてそれぞれの対応が違うものだった。

ただ電話をかけてきた所はガッツリ食いついてやろうという気持ちが見え見えだったらしく、嫁さんにバッサリ切られてしまいましたとさ。

そんな中、新築で一戸建てを建てている工務店2社ほど感じのいい資料や対応をしてもらったので話を聞いてみようかと思いました。

そのうちの一社は例の同僚のUが家を建てた工務店「S建設」です。

もうすでに嫁さんが電話でどちらも同日の午前と午後に予約を取ったらしく、まあ聴き比べてみようという感じでした。

午前中にO市にある「S建設」に行ったんですが、広い店舗で凄い感じがよくて同僚Uの家みたいに会社の中も外も白を基本にした感じの店舗でした。

またキッズルームもあり、お話を聞いている間にうちの子供たちは暇を持て余すことなく遊んでいました。

今までの住宅展示場なんかでは暇になってしまって「帰えろー!」ってすぐに言うんですが、まったくそんなことはなかった。

まぁ子供の相手をしてくれたおねぇさん達は大変そうでしたが・・・。(笑)

家づくりや資金計画の話を聞いて、そのあと会社から離れている所ですがモデルハウスの見学もさせてもらって、勉強になりました。

結構充実した感じというかお腹いっぱいになってしまったので今回は午後からのもう一社はキャンセルさせてもらいました。(汗)

ハウスメーカーを考えてみる。

Posted by コガネイ under ハウスメーカー, 家造り, 新築 Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

先日、H市で家を建てた同僚の家を見せてもらう為に行ってきた。

新築の家へ引越しが済んでだいぶ落ち着いてきたということでした。

白を基調にした家でシンプルと言えばすっごいシンプルなんだけどスタイリッシュっていうべきなんだろうか?

とにかくカッコイイ感じでした。

どこで建てたのか聞いてみると今まで聞いたこともない工務店の名前でした。

大手じゃなくてもカッコいいお家造りをしている工務店もあるんだなーって感心しました。

自分の中で大手ハウスメーカ神話崩壊!?(笑)

そこまで大げさなものではないけれど、大手ハウスメーカーだけじゃなくて地元の工務店なんかにも目を向けてみるのも良いのかもしれないと考えさせられました。

嫁さんはすっげー気に行ってしまったらしく、帰って早速資料請求をしてたみたいだ(汗)

同僚のUも「ここの工務店はすっげー親身になてくれたし、営業担当も会社スタッフも大工さんも感じ良かったよー。ちょっと建つまでの工期が遅れたけどね。」って言っていた。

家を建てた同僚が言うなら間違いないのかなー。

それから何件か、別の同僚のお宅も拝見させてもらったんだけど、それぞれ別の大手ハウスメーカーのたてものだけど、雰囲気的にそんなに差がないなーと思ってしまった。

注文住宅とは言え、どこも同じようになってしまうのかなーって疑問にも思ったし、せっかく家を建てるんだから他にない家を建てたいなーって思う。

あまりに独創的すぎて変なお家なってしまっても困るんだけれどね。(笑)

とりあえずいくつかの地元工務店に請求した資料が送られてくるまで待ってみましょうかねー。

展示場

Posted by コガネイ under ハウスメーカー, 展示場, 新築 Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

土地ばっかり気にししてても凹むばっかりで住まいづくりが前に進まなそうなんで住宅展示場に行って、数社みてきました。

住宅展示場と言うだけあってすっごい豪華な造りだけど実際には一般人がこんなにいい仕様で家を建てられるわけない!

と思いつつも、やっぱ夢が大きく膨らんでしまいますね。

まさに住宅展示場マジック!

営業マンの方のうまい言葉に乗せられないように気をつけなければ!

あまり懐疑的になりすぎるのもよくないんですけどねー。

今のところ、住まいづくりに関してお話を聞いてみようかなーって思っているのが3社ほどあります。

どこも大手ハウスメーカーなんですけどね。

やっぱり大手ハウスメーカーに任せた方が安心なのかなって思うんだけど。

妻は若干考えが違うらしい・・・。

まあ、始まったばかりだし、このハウスメーカーは駄目だと思えば切る時は切って、押し込まれないように気をつけておけばと思うのでした。

今、考えている3社以外の展示場もみたんだけどなんだか対応とか話の内容とかが気持ちよくないなーって思った所がいくつか。

初めっから根掘り葉掘り聞こうとするのって営業的に下手だなーって思うし、展示場内なんだから他社も見てくるのは当たり前じゃない?

なのにすごく他社の事を気にしてるみたいで○○はうすさんはどうでした?

みたいな。自分の所のアピールせんかい!って思わず突っ込みたくなりました。(笑)

また家は大手ですからみたいにブランド先行の横柄な態度?時代遅れの営業マンもいるのもいかがなものかと。

できるだけ親身になってくれる営業マンに出会いたいものです。