漆喰の壁

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

壁を選ぶ際に何を重視しているでしょうか。壁は、室内の雰囲気に大きな影響を与えるだけについ見た目のデザイン性ばかりに注目してしまいがちです。石こうボードや合板といった下地材の普及にあわせ、ほとんどの住宅でビニールクロスや塗装といった、手軽に張り替えられたり、塗り替えられる壁材が使われるようになりました。

ビニールクロスは、デザインもカラーバリエーションも豊富ですし、価格も安価であるため取り入れている家庭が多いのです。しかし、合板や壁紙に使われる化学物質が引き起こすシックハウス症候群が問題となり、最近では土や石などの事前素材を使った塗り壁の魅力が見直されつつあります。

塗壁の代表的存在が、石灰を主原料とする漆喰です。漆喰は、耐火性に優れています。それだけでなく調湿機能にも優れています。室内の湿度が高いときは空気中の水分を吸収し、湿度が低いときは水分を放出してくれるため「呼吸する壁」とも言われています。一年を通して室内の環境を快適へと導いてくれるのです。漆喰壁の内部はアルカリ性のため、カビや細菌の発生を抑える効果もあるのです。気密性の高い最近の住宅に起こりがちな結露の発生を抑える効果も期待できます。

また、人体に悪影響を与えると言われるホルムアルデヒドの吸着分解機能もあり、ホルムアルデヒドなどの化学物質を放出しない点でも注目されているのです。室内の快適性を高めてくれるだけでなく、そこで暮らす人の健康も守ってくれる安心して暮らせる住まいとなるのです。

無垢材の家

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

住宅は人生最大の買い物です。それだけに失敗や後悔はしたくないものです。
コストを優先する余り人体に悪影響を与えるホルムアルデヒドをたくさん含有した建材を使用すればハウスシック症候群を引き起こす可能性もあります。
せっかく購入したマイホームが健康を害してしまう家になってしまってはもったいありません。

我が家も新築住宅を建てることに決めました。
我が家は素材にこだわり家族が健康で永く住み続けられる家にしようと思っています。
そこで取り入れたのが無垢材の床です。
現在は合板の床で生活しています。夏、裸足で歩くとベタッと足にくっついた感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことなどできません。
しかし無垢材の床であれば、一年を通して裸足で生活したくなるような感触の床であると聞きました。夏はベタッとせずにサラッとした感触で、冬は冷たさを感じずむしろ温かみさえ感じられるというのです。

無垢材の床は断熱性も高いです。
夏は涼しく冬暖かい家を実現させるには無垢材の床にするのは効果的だと思います。
また無垢材は木の本来の温かみを感じられることができます。
心身共に安らげる空間が広がることでしょう。

無垢材は調湿効果があります。
湿気など水分が多い時期には水分を吸収してくれ、冬場など乾燥した時期には逆に水分を放出してくれるのです。
一年を通して室内を快適な環境に導いてくれるのです。
我が家で用いる無垢材は地元の杉を使用します。

浮造りで足つぼ効果も得られると聞きました。裸足で暮らす家を今から楽しみしています。