リビングに階段

Posted by コガネイ under 家造り, 階段 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

リビングに階段を設けるデザインは以前より増えてきたように思えます。リビングに階段を設けることで階段は二階に上がるための移動手段という考えから、階段はリビングのインテリアの一つとして考える人が多いのではないでしょうか。今新築住宅を建てている友人に階段を設けた位置について尋ねてみると、リビングには設けず玄関近くの廊下に設けたと言いました。その理由として冷暖房の効率の悪さを挙げていました。特に冬場は二階から階段を通して冷気がリビングにおりてきてヒヤッとするという話を耳にします。リビングに階段を設ける魅力としてはまずはリビングに開放感をもたらしてくれることです。階段が廊下にあるより、リビングにある方が空間を広々と感じられ、インテリア要素も備えているためこだわりを持って階段を選ぶようになります。

住宅のオシャレさも増すことでしょう。また廊下に階段があるよりリビングにある方が、家族のコミュニケーションが自然と取れやすい環境となるのです。玄関へ入りそのまま自分の部屋に行けるよりは、家族のいるリビングを必ず通らなければ自分の部屋へ行けないようにすることで、家族が顔を合わす機会が増え、自然とコミュニケーションを取るようになります。リビングに階段を設けることでメリット・デメリットそれぞれあるのですが、デメリットであげられた寒さということに関してはある程度は回避できると思います。住宅自体の断熱性を高めること、暖房を床暖房にして家中を暖める方法などで解決できるのではないでしょうか。階段までなかなかこだわりを持って考えるという人は少ないと思いますが、そのような部分にまで目を向けることで、オンリーワンの住宅に仕上がることと思います。

家を建てるとき、どこを選びますか?

Posted by コガネイ under ハウスメーカー, 家造り Tags: , ,  •  コメントは受け付けていません。

大手の会社を選びますか?町の工務店を選びますか?それとも?

宣伝戦の激しい昨今、人はどうしても大手建設会社に安心を感じがちです。家づくりだけではありません。

受験を迎える娘の塾選びの際、徒歩圏内だけで13軒もの学習塾があることがわかりました。内8軒が大手です。友人からは「大手は○○講習だなんだと授業料ばかりとられて、結局成績上がらないと聞くよ。個人経営の塾も様々で、本当に教え上手で評判な先生のところへ行けば、確実に成績上がるから、評判を聞いてみな。」とアドバイスされました。友人の薦めに従って評判のおじいちゃん先生のもとへ通っている娘は、苦手な数学を克服しました。

家を建てるときも、あとあと長くお付き合いできて信頼できる町の工務店(建設会社)を選びたいと考える方は多いと思います。大手に押され、集客に苦心されている工務店さん。あえて選び、お願いしたいと思うような、情報の発信が欲しいものです。

主に腕の良い職人さん(鳶・大工・左官・板金・電気・水道ほか)がスムーズに手配され、丁寧な仕事をされることがわかれば、クライアントは安心してお願いできます。そして「大手に比べ、高くつくのでは?」との疑念が払拭されるような、安心・明朗な見積もり金額の提示が望まれます。

リフォームの場合は、新築工事よりも更に大変です。既存の家の状態をよく見極め、クライアントの希望を叶えるにはどのような工事が必要か、丁寧な解体工事が必要であり、新設・補強部分の設計・施工にも、確かな腕が求められます。

個性的な玄関アプローチ

Posted by コガネイ under 家造り, 新築 Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

 私の友人が戸建て住宅を新築しました。お祝いを持って、訪問したところ、一目で、彼女家族の住まいと分かりました。それは、玄関アプローチが個性的だったからです。住まいの前に
普通車が1台置けるだけのスペースがあるので、カーポートを作っていました。そのため、ブロック塀などで囲むことができません。しかし、何もなく、道路からすぐ玄関というのは、間が抜けているというか、けじめがつかないので、玄関正面から少し位置を南にずらし、建物と平行な線よりも45度ほど、道路側に傾けて、門柱と花壇を設置しました。

門柱はセメントで全体を作り、周囲にはレンガをその内部にはモザイクタイルを施しています。その上に、陶器製のポストやインターフォンも設置しました。

さらに、何年か前に、旅行先の民芸村で作った陶板の表札もはめ込んでいます。門柱の足元にはレンガで、花壇も作られ、大好きなローズマリーが植えられていました。
 門柱が立っているというのは、道路と我が家のけじめがつくのと同時に、住まいが敷地全体に溶け込み、敷地全体が1つの空間となり、演出ができます。業者に特注することになったので、少しお金はかかりましたが、手作りの陶板の表札もはめ込むことができ、満足がいく出来になったそうです。

住まいに足を踏み入れる前から彼女家族の家という感じが出ていて、ほほえましい感じがします。インターフォンを押すと、彼女の明るく、弾んだ声がかえつてきます。

カーポートのへの出入りのため、塀を作ることができませんでしたが、開放的な玄関になっていて、道路からの死角もなく、防犯上かえって、効果的になりました。門柱1つで、敷地全体が素敵な雰囲気になりました。

家づくりを考えている友達たち。

Posted by コガネイ under 不動産, 家造り, 新築 Tags: , , ,  •  コメントは受け付けていません。

今日は家づくりを考えている友達たちの話をしようかと思います。

昨年の東日本大地震前は多くの友人が「年齢を考えるとそろそろマイホームの取得を考えなければ!」という感じで家づくりや不動産物件の購入を考えていました。

しかし震災後からは家を建てることに不安をお覚えた友人が多いらしく、あまり前向きに話を進めているような友達もあまり多くありませんでした。

しかし、あれから一年が経ち消費税の引き上げなども考える中、一性jに動き出した感があります。

友人の一人は、震災前から話をしていた地元の工務店との打ち合わせを再開させたようで、もうそろそろ契約に入るようです。

また他の友人は不動産会社で中古住宅もしくは中古マンションを探して、タイミング良く自分が希望していたエリアに中古住宅が出たようです。

「一度迷うと足が完全に止まってしまいそうなので、一気に契約までいった!」と友人は言っていました。

また中古住宅を購入してリフォームをしたらしく、建材販売のインターネットショップで目を付けていた住宅設備機器を付けて、大満足らしいのです。

その他にも家づくりや不動産購入に動き始めた有jんたちが多く、これから我が家自慢大会が始まりそうな勢いです。(笑)

1日も早く・・・。

Posted by コガネイ under 家造り, 新築 Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

3月に東日本大震災が発生してからどうにもこうにもテンションが上がらない空気が漂っているような気がしている。
実際に我が家も新築で住宅を建てようという話も下火になってきている。
いずれはマイホームを建てたいという思いは消えないにしても住宅業界などの話しなどを一部や噂なども含めて聞いていると気持ちが萎え気味になってします。
知人の山形の住宅は少し遅れたがようやく引き渡しが行われたようですが住宅設備機器の仕様変更だとかそういうのもあっての引き渡しだったらしい・・・。
今、住宅を建てようと思っても建材や住宅設備機器の供給が安定してないのでは安心して家造りはできないというのが本音です。
今、家を建てようと思っている人もそう考える人が多いのではないでしょうか?
でも逆に言うと家を建ててから今回のような震災があったら新築で建てた我が家は大丈夫?っていう不安もあった事でしょう。
テンションが上がらないと言えば大震災直後の関東は生活物資の不足や計画停電などで大変だったということでしたが、今では普通に動き出していると聞きます。
しかし高校時代の友人は普通に動き出したとはいえまだ手放しで喜べる状態でもないと電話で言っていました。
というのも距離があるとはいえ福島での原発事故はずっと気になっている所で、奥さんとまだ小さい子供達は実家のある大分に帰そうかとも考えているそうです。
家族が離れて過ごすのもいいことではないんですけどね。
普段は意識しない平和や幸せは今回のような震災によって強く認識させられたというのも皮肉な物だと感じます。
1日も早く案手下生活を取り戻し、うちはマイホームづくりに関して一歩でも前向きに進める日が来ることを願っています。

新築を建てられるのだろうか

Posted by コガネイ under ハウスメーカー, 新築 Tags: , ,  •  コメントは受け付けていません。

最近、妻が友達になった方の旦那さんが住宅メーカーに勤めているらしく家づくりの話を良くしているようです。
つい先日も妻がその友達から現在の住宅業界の話について聞いてきたみたいなんですが、やはり東日本大震災の影響で住宅業界は一転して苦しくなったらしいのです。
震災前までは住宅ローンも低金利で家を建てるなら消費税が上がるまでの今が建て時!っていう感じだったらしいのですが、
この震災で住宅メーカー自体が新築の住宅を建てようにも建てられない状況になってしまったようです。
とにかく新築で住宅を建てるための建材や住宅設備機器が入ってこないらしい。
震災で関東や東北にあった工場が被災して建材の生産が大幅に少なくなってしまったことや被害を受けていない西日本の工場も震災復興などの関係でできるだけ効率のいい物しか作らなくなり、
そのできた建材なども優先的に被災地に送る様に要請が来ているとか。
住宅会社や工務店ってやはり新築住宅を建ててなんぼの世界だから建材などの納入がなく、
工事の現場が止まってしまうと二進も三進もいかなくなってしまうので非常に厳しい状況に突入してしまったようです。
これから新築の住宅を建てようと考えている私たち家族もこういった現状を聞いてしまうと心にブレーキがかかってしまって何とも言えないです。
誰が悪いわけでもないですから。
これから先、建材の値上げなども考えられるので本当に新築で住宅が建てられるのか不安になってきました。

あまり良い条件では・・・

Posted by コガネイ under 不動産, 土地, 家造り Tags: , ,  •  コメントは受け付けていません。

明けましておめでとうございます。
昨年は一度人事異動の件で家作りについてすべてストップさせる事態になりましたが今年こそは新築で住宅が建てられるようにがんばりたいと思います。
では土地の話を。
B市で見つけた土地は相談にのってくれた不動産会社に地主さんと交渉をしてもらってはいました。
何度かの話し合いの結果、昨年の年末ぎりぎりに売却についての合意が取れ、年が明けて先日その不動産会社が売却のための媒介契約を地主さんと結んだとのことでした。
売却が可能になったという話を聞いた時にはすごく喜んだのですが、そう甘くはなかったです。
やはり初めから話を聞いていた通り、地主さんが売却の条件をつけてきたそうです。
先ずは坪単価。そして土地の一括売却。
分筆を行う場合は買い主がすべて揃ってからという。
三つの条件でした。
坪単価については詳しい金額はかけませんが周辺の土地よりちょっと高めの金額です。
というのも昔、その土地を一括でスーパーか何かお店が土地の買い取りをしようとしたことがあるらしく、その時の坪単価が地主の基準のようです。
少しは下げてはいるみたいですが時間が経てば今の景気の流れや地価もあるはずなのですが売り主による言い値ということみたいです。
不動産会社も査定時にかなり坪単価の話したらしいのですが歩み寄らなかったと。
土地の一括売却については分筆のことも関係するのですが切り売りをしたくないということと分筆を繰り返すとその分費用が売り主にかかるからということのようです。
あまりこちらにはいい条件ではないのですが、場所は住宅地の中で良い所に位置しているため悩みます。
あとは土地と建物のトータルの金額かなぁと。
とりあえずこの話はキープしておこうかなぁと思っています。

リスタート

Posted by コガネイ under 土地, 家造り Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

会社での新事業所設立に伴う大型人事異動がなくなったんで、
また家造りを始められるようになったのは嬉しいことなんですが、
人事異動がなくなった煽りで新規事業所で始めるはずだったプロジェクトがスライドしてこっちに回ってきたようで、てんやわんやでした。
休みの日も急遽出勤したりとかで大変でした。
家造りに関しては以前お話を聞かせてもらってた2つの会社でリスタートしたのですが、
妻と話した結果、この二つの会社も含めてもう一度住宅会社選びをし直そうかということになりました。
申し訳ないと言えば申し訳ないけど、せっかくのマイホーム造りだから。
と言いつつもなかなか自分が休みが取れないんで他の住宅会社に話に行き機会もなく、
妻が子供を連れてモデルハウスや住宅展示場を見に行ったぐらいで特別進展もなく。
それと土地探しも考えなくちゃいけないわけで。
実は以前目をつけていた土地が合ったんですが、
管理している不動産会社に問い合わせもせずにいたんですが、
先日仕事の都合でその問いの近くに行ったものだから前を通ってみたら既に新築住宅の工事が始まっていました。
コツコツと家造りをしている大工さん達を見ながら人事異動の話が浮上しなければ・・・とちょっと残念な気持ちで少しの時間見ていましたが、
これも何かの縁だし仕切り直してがんばって他の土地を探そうと思っています。
住宅会社の他にも不動産会社も探さなければいけないなぁと。
やること山積みですがボチボチやっていこうかなと思います。

人事異動…。

Posted by コガネイ under 人事異動, 家造り Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

ピンチです!非常にやばいことになりそうです。(涙)

近々、社内で大きな人事異動があるらしく上司から「次の人事異動でT市の事業所に異動になる可能性があるよ。」と言われてしまいました。(涙)

T市の事業所に異動になれば住まいづくりの話は自然と立ち消えになってしまいます・・・。

人事異動に伴い、今までT事業所になかった部署を新設するとのことらしいのです。

今までT市の事業所は仕事の内容的に異動の範疇にはなかったのに・・・。

確かに今回の異動でT市の事業所に異動になれば主任に昇格でお給料もアップと言う悪い話でもないんですが、住まいづくりを考えている今ではちょっといただけない感じです。

嫁さんもショックを隠せないようです・・・。

こういうタイミングって複雑だわー。(汗)

それと自然と子供たちの環境も変わってしまうだけに二重三重に痛いです。

実際、T市には今まで縁もゆかりもない所なのでそこで住まいづくりなんかも到底考えられないし。

本当にどうしようって感じです。

とりあえず「Uホーム」と「S建設」にもその旨を伝えたんですがどちらの反応もすごく残念そうでした。

まぁ、そりゃそうでしょうねぇ。

どちらも見込客を失うことになるんですから。

まだ人事異動が発令されたわけではないんで発令されるその日まで望みを捨てないでいたいとは思うのですが、

家を建てるための土地探しが一変して賃貸アパート探しになるのはどうにもやる気が失せる感じです。

地元工務店か大手ハウスメーカーか

Posted by コガネイ under 家造り, 新築 Tags: ,  •  コメントは受け付けていません。

前回の話の続きからになってしまうのですが、当日キャンセルしたもう一社ですが、

自分が仕事の関係で休みが取れなさそうだったので嫁さんと子供たちで行ってもらいました。

嫁さんの感想としては「S建設」と比較してしまうと話の内容や対応的がやや劣るかなっていう感想と土地に関してはあまり情報がないらしく、

基本的に外部の不動産屋に頼まなければいけないとのことでした。

「S建設」は新築建設とは別の部門で不動産事業も行っているということで家も土地も含めてお世話しますとのことだったので地元工務店では「S建設」、

大手のハウスメーカーは選別した結果、営業担当者の話が一番わかりやすかった「Uホーム」に話を進めてもらうことにしました。

まだ一社に絞るには早すぎる段階なので地元工務店と大手ハウスメーカーの2社に競合してもらい、

家のデザインはどちらも嫁さん好みなので、どちらか今後の提案がいい方で確実に決めたい所です。

どちらにしてもH市内で価格と場所、坪数がバランスよく見合う土地を提案していただけるかということに尽きると思います。

「Uホーム」の営業担当さんはH市の不動産屋さんと付き合いが長く、今までも住宅を建てる際に地元不動産屋で土地を決めているとのことなのでそのつながりに期待したい所です。

通勤の行き来や、休日に歩いていると建設中のいろいろな建物が気になるようになりました。

まだ全然新築の家造りの話が具体化もしていないんですが心躍りますね。