100均のグッズでキッチン収納

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

★キッチンツール
毎日使うキッチンツールを厳選し、4連フックをコンロの前の壁につけて吊るしておけば、調理中にすぐ手にする事ができ、便利です。

★お弁当グッズ
100円ショップの仕切りつきのカゴを使って、細々としたお弁当グッズを引き出しに収納します。仕切りが可動するタイプなら、グッズの種類やサイズに合わせてしまうことが出来ます。

★食器
ミニブックスタンドをディッシュスタンドにして立ててみましょう。中皿を立てると取り出しづらくなることがありますが、小皿の場合なら取り出しやすいです。立てるお皿は、深さが無いフラットな物が向いています。

★お茶セット
お茶をよく飲む家庭なら、お茶の葉、湯のみ、急須をひとまとめにしておくと便利です。湯のみに合ったカゴを選んでテーブルに置いておけば、湯のみをお盆に乗せる手間も省け、飲みたい人が自分で淹れて飲む事ができます。

★小物
散らかりがちな小物類は、ファスナー付きの透明袋に入れて、食器棚や調理台下の引き出しに収納します。中味が見えるので、すぐ見つかります。お弁当グッズにも応用できます。

★ラップ類
ラップ類は、使いたいときにすぐに使える場所にあると便利です。調理台前の壁に、手作りのラップホルダーをつけましょう。ランチョンマットを3分の1くらいのところで折り、画びょうで留め、輪になったところにラプやホイルをはさみます。

★スライド棚
必要な高さに切った端板とアルミチャンネルを両面テープで接着し、アルミの溝に棚板を通して作った棚に食器を載せれば、取り出しやすいです。棚板の全面に取っ手をつければ、更に便利です。アルミチャンネルと棚板の間に、隙間を1mmあけると、引出しがスムーズです。

より収納の満足度を高めるには

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

住宅への不満の上位を占めることの多い収納。この収納への満足度を高めるには、適材適所に必要な物がきちんと収められることです。収納している物が把握しやすく、また出し入れしやすいようにしておくことも大事です。また、普段使用するものではなく、ワンシーズンだけしか使用しないものや季節もののアイテム、幼稚園や学校での製作品やアルバムなどの思い出の品などを収納しておくことができる大型の収納庫も設けておくと、居住スペースに物が散らかりにくく助かります。

このような収納スペースを設けると同時に、動線に沿った収納を設けることでより利用しやすく、満足度を高められる収納を手に入れることができるのです。例えば、玄関と洗面室の動線上にウォークスルークローゼットを設けておきます。帰宅して、まず手洗いを行います。リビングへ入るまでの動線上に洗面室を設けておくことで、スムーズに手洗い・うがいが行えます。一度リビングへ入ってしまうと外出先で着ていた上着やカバンも散らかりやすく、手洗いをしに行くのが面倒と感じてしまうのです。

洗面室へ行くまでの動線上にウォークスルークローゼットを設けておくと、外出先で着ていた上着をしまい、カバンも整理できます。身軽な状態で手洗いが行えます。そうすれば後はゆったりとリビングで休むことができ、上着やカバンがいつまでも散らかるのも避けられます。動線に沿っていることで無駄な動きを省け効率よく住宅内を移動でき暮らしやすさにも繋がるのです。動線にも意識して利用しやすい収納を設け、住宅の満足度へ繋げたいものですね。

はみ出す本を片付ける

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

本が片付かない最大の原因は本棚にあります。本より深い奥行きや、本の高さより高い棚など、使っているスペースより空いているスペースの方が多いのです。
そこで本の並べ方を工夫してみましょう。

前後2列の収納
前後2列に並べる奥行きは十分あります。でも、奥に並べた本が見えません。奥の本の背が高ければ良いのです。

そこで、奥の本の下に、あまり必要はないけれど捨てられない本を横に寝かせて入れ、のせた本の背を棚板近くまで伸ばします。そして手前にもう1列並べると、2倍から3倍の本が収納できるのです。本は、読み返すとか資料として使う頻度で大まかに仕分けをして、奥に立てる本は頻度の低い物にします。奥の列も見やすく納まりました。

横に寝かせた本
手前の本を移動しなくても、奥に寝ている本が分かる方法です。
奥に寝かせた本をその状態のままデジタルカメラで撮影し、プリントします。
手前に並べる本の下にパネルを敷きます。パネルはダンボールや下敷きを、幅は奥に寝かせた本のサイズで、奥行きは手前に残っている本棚の奥行きに合わせてカットします。
パネルの手前側に切り込みを入れてヒモを通し、パネルの取っ手にします。
プリントした本の背表紙をラベル代わりに切り抜いて、パネルに貼ります。

パネルの上に本を並べて取っ手を手前に引っ張れば、パネルごと寝かせた本の幅で手前の本が引っ張り出せて、奥に寝ている本も立っている本も取りだし易いのです。
たくさんの本が収納でき、更に新しい本のためのスペースも生まれます。撮影や、パネルカットなど違う作業を入れて、一呼吸おきながらゆっくり、ゆったりと、本を大切にする心と共に整理しましょう。

自慢のカップボード

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

我が家のキッチンに設けたカップボードは、キッチンスペースに合わせて造り付けてもらいました。天井いっぱいに広がるカップボードは何と言っても収納力抜群です。収納力とシーンに合わせてキッチンをアレンジできるのも大変気入っています。

まず、収納力です。扉3枚分にも広がるカップボードの扉1枚分は、キッチンパントリーとして食品を収納しています。レトルト食品や乾物、お菓子にジュースなど食品をきちんと収納できているだけでなく、キッチン雑貨まで収納できているのです。そしてその隣の一面には、食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまでこの一面に並べられているのでお皿選びがしやすいのです。そしてその隣の一面には、キッチン家電を収納しています。炊飯器や電子レンジはもちろんのこと、ホットプレートやたこ焼き器、ミキサーにフードプロセッサーなどキッチンに関連する家電をここにきちんと収納できているのです。キッチンを振り返ると一面にキッチン関連用品を収められているので、出し入れがしやすく家事も効率も高まっているのです。

家事を行う時には、扉をフルオープンにして物の出し入れがしやすいようにし、来客時やキッチンを使用しない時は、扉を全て閉めて生活感を感じさせないキッチンにするのです。すりガラスの扉がキッチンにしっかりと明るさを通しながらも、収納しているものをしっかりと隠してくれるのです。その時々でキッチンの雰囲気を変えられるのが大変気に入っています。キッチン家電が目に入ると一気に生活感を感じさせてしまうのですが、扉で閉めてしまえば生活感を感じさせずスタイリッシュな空間が広がるのです。このカップボードのおかげでキッチンの居心地が良くなりました。

趣味を楽しめる家

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

自宅にいながら趣味を楽しめる家は理想的な家だと思いませんか。我々夫婦の共通の趣味はDVD観賞です。子どもが生まれると映画館で映画を観る機会が奪われてしまいました。しかし家に居ながらお気に入りのDVDを楽しめることで家に居る時間をより充実したものにしてくれます。そんな我が家はDVDがたくさんあります。このDVDをしまう場所を充実させることで、より趣味の時間を楽しめるようになるのです。

テレビを設置する壁一面に壁面収納を設けました。上部にはキャビネットを設け、ここには数多くあるDVDをきちんと収納しています。DVDがほこりをかぶらないように扉のあるキャビネットを使用しました。扉でこれらを隠すことで空間をスッキリ見せることにも繋がっています。テレビを設置している両サイドはオープン棚にしました。写真や子どもが描いた絵、お気に入りの雑貨を飾る場所として重宝しています。下部にはデッキを始め、リビングで必要な小物を収納できるスペースとなっています。DVDを見る時に集中できるように壁面収納は全て白を使用しました。

このように好きな物をきちんと収納できるということも趣味を楽しむことに繋がるのです。今までDVDの収納場所に困り、バラバラにしまわれていたこれらをテレビ周りに収納でき、いつでも趣味の時間を過ごせるように環境を整えることで、子ども達が寝た後の時間は、夫婦でゆっくりと趣味の時間を堪能できるようになったのです。壁一面に収納スペースを集約することでリビングの快適性にも繋がっています。家に居ながら趣味を楽しめる家にしてみてはいかがですか。

洗面室の収納

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

洗面室は家族みんなが使用する大事な空間です。洗濯機を設置することがら、家事をする上で重要な空間でもあるのです。使用頻度の高い洗面室には、収納しておきたい物が意外とたくさんあります。歯ブラシなどの小物から、ドライヤーや髭剃りなどの電化製品、タオル類、洗濯関連用品などこれらを収納しなければなりません。

またそれだけでなく、下着や部屋着、パジャマまで収納しておくとより便利で使い勝手のいい洗面室にすることができます。下着やパジャマを洗面室に収納しておけば、入浴後必要な物が洗面室で全て揃うので、事前準備をしていなくても問題ありません。

また帰宅して手洗いをした後、部屋着に着替えると思います。わざわざ二階のクローゼットに上がる必要がなく、手を洗ってその場で部屋着に着替えられるのです。住宅内を行ったり来たりと無駄な動きをしなくて済むので便利さを実感できることでしょう。

広さに限りのある洗面室の収納力をアップさせるには、洗面化粧台と洗濯機の間に生まれるスペースを無駄にせず、収納スペースとして活用させるのです。わずかな隙間ですが、このスペースを有効活用させることで、タオル類を収納できたり、洗剤などのストック品を収納しておくことができるのです。

また洗面化粧台や洗濯機の上部にも目を向けてみて下さい。ここにキャビネットやオープン棚を設けることで洗面室の収納力をアップさせることができるのです。洗面室にあったら便利な物までたくさん収納できるようにして、居心地のいい洗面室にしたいものです。

パントリー

Posted by コガネイ under 家造り Tags:  •  コメントは受け付けていません。

最近のキッチンに欠かせない収納庫となっているパントリー。
このパントリーが充実しているかどうかでキッチンの快適性やキッチンの作業のしやすさは変わってくると思います。
パントリーには麺類や乾物、缶詰やレトルト食品、お菓子屋や飲料、お米などありとあらゆる物を収納します。
それらが一か所でしっかり管理できれば家事効率を高めてくれ、家事の短縮にもなると思います。

パントリーがなければキッチンの床にストックしている物を置いていたりしてキッチンの床を占領していきます。
そうすることでキッチン内の移動がしにくく家事効率も悪くなります。
また収納場所がバラバラであれば管理するのが大変で、賞味期限を切らしてしまってもったいないというケースにも繋がります。
やはり一か所できちんと配列して収納できるパントリーを設けキッチンをよりスッキリと家事のしやすい空間にしたいものです。

キッチン横に広々としたウォークインタイプのパントリーを設けることができればベストです。
食品だけでなく、普段使用しないホットプレートやフードプロセッサーやミキサーなどのちょっとした家電までパントリーに収納できるからです。
パントリーには奥行はあまり必要ないと思います。
奥行のある収納にしてしまうと奥に収納した物が分かりにくく、見つけた時は使えないということになりかねません。
小さな物は引き出し収納やカゴを使用し奥に入れた物でも出し入れしやすく、きちんと目が届くようにしておきましょう。
パントリーのサイズは収納する物も量を事前に把握しておき、少々余裕あるくらいの広さにしておくと便利だと思います。