リビングに階段

This entry was posted on 木曜日, 7月 17th, 2014 at 10:01 AM and is filed under 家造り, 階段 . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

リビングに階段を設けるデザインは以前より増えてきたように思えます。リビングに階段を設けることで階段は二階に上がるための移動手段という考えから、階段はリビングのインテリアの一つとして考える人が多いのではないでしょうか。今新築住宅を建てている友人に階段を設けた位置について尋ねてみると、リビングには設けず玄関近くの廊下に設けたと言いました。その理由として冷暖房の効率の悪さを挙げていました。特に冬場は二階から階段を通して冷気がリビングにおりてきてヒヤッとするという話を耳にします。リビングに階段を設ける魅力としてはまずはリビングに開放感をもたらしてくれることです。階段が廊下にあるより、リビングにある方が空間を広々と感じられ、インテリア要素も備えているためこだわりを持って階段を選ぶようになります。

住宅のオシャレさも増すことでしょう。また廊下に階段があるよりリビングにある方が、家族のコミュニケーションが自然と取れやすい環境となるのです。玄関へ入りそのまま自分の部屋に行けるよりは、家族のいるリビングを必ず通らなければ自分の部屋へ行けないようにすることで、家族が顔を合わす機会が増え、自然とコミュニケーションを取るようになります。リビングに階段を設けることでメリット・デメリットそれぞれあるのですが、デメリットであげられた寒さということに関してはある程度は回避できると思います。住宅自体の断熱性を高めること、暖房を床暖房にして家中を暖める方法などで解決できるのではないでしょうか。階段までなかなかこだわりを持って考えるという人は少ないと思いますが、そのような部分にまで目を向けることで、オンリーワンの住宅に仕上がることと思います。

Comments are closed.