横一直線の家事動線

This entry was posted on 木曜日, 12月 21st, 2017 at 5:52 AM and is filed under 家造り . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

専業主婦である私が家造りで大事にしたことは家事動線です。家事動線をコンパクトに、そして行き来のしやすさを確保することで家事の効率を高めることにも繋がるのです。主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごします。

家事の中心でもあるキッチンを軸に横一直線の家事動線を取り入れることにしたのです。キッチン向かって右側にはダイニングを配置しました。一日三度ある食事の支度の際にはキッチンとダイニングの動線がポイントとなります。対面式キッチンの前にダイニングを配置する家庭が多いのですが、キッチンの真横にダイニングを配置した方が、配膳や食後のお皿下げの動線が短く、横移動で移動のしやすさも高まります。家族にとってもキッチンという空間が身近に感じられ、積極的にお手伝いをしてくれるようになりましたし、ダイニングテーブルを作業台として利用しやすく親子でクッキングをする際にも便利です。

そして、キッチン向かって左側には洗面室を設けました。家事を行う上でキッチンと洗面室は何度も行き来を行います。またキッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行う機会も多いです。そのため二つの空間を隣接して配置することで動線が短く、同時に2種類の家事を行いやすくなるのです。夕飯の支度をしながら入浴の事前準備を行ったり、朝食の支度をしながら洗濯を行ったり、家事を効率よく行えることで家事の時短を実現できています。このように家事動線を集約させ、家事をラクに、スムーズに行えるようにしておくのはおススメです。

Comments are closed.