リビングにスキップフロア

This entry was posted on 月曜日, 12月 21st, 2015 at 1:30 PM and is filed under 新築 . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

最近ではLDKを一体化して広々と開放感を高めるスタイルが人気となっています。以前は壁や建具でリビングとダイニングが分けられている間取りが多かったのですが、LDKの一体感を高めることで家族の繋がりを感じられ、どの空間にも目が行き届くことで子育てしやすい家へと繋がっています。特に家族団らんの場となるリビングはどの空間よりも広く居心地のいい空間を求めることと思います。

しかし子ども達はおもちゃで遊んだり、走り回ったり、勉強もします。ママは洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事を行うこともあります。テレビを見ながらくつろぐ人もいるだけに、リビングはいろいろな目的で使用されるのです。広いとは言え、一つの空間で様々なことを行えば、本来リラックスするはずのリビングの快適性は損なうこともあります。それを解消するためにリビング内にスキップフロアを設けるのがいいと思います。

スキップフロアは多目的に使用できるスペースとして利用するのです。ここには空間にピッタリのカウンターを設けて、収納スペースを確保しておくことで、便利で使い勝手の良さも高まるのです。ここを子どもが遊ぶスペースとして利用すれば、リビングのくつろぐスペースにおもちゃが散らかりにくくなります。またカウンターがあることで、お絵かきやお勉強をすることもできるのです。

LDKに居る家族との繋がりをしっかりと感じながらも、自分の時間を過ごせることで勉強への集中力も高まることでしょう。スキップフロアを設けることで空間にメリハリをつけてくれるだけでなく、生活にもメリハリを付けることができるのです。結果、通常のリビングはゆったりと安らげる空間となるのです。リビングにスキップフロアを設けてみてはいかがですか。

Comments are closed.