リビング階段

This entry was posted on 月曜日, 11月 2nd, 2015 at 1:28 PM and is filed under 新築, 階段 . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

リビング階段は現在人気の一つでもあります。リビング階段でも階段の入り口がリビングに面しているものもあれば、階段がリビング内に存在し見せる階段として設けられる場合とに分けられます。先日遊びに行った友人宅には、後者の見せる階段としてリビング階段が設けられていました。

一見リビング内に階段がある!と聞くとリビングが狭いのかな!?とか圧迫感を与えないのかな!?と感じてしまいますが、明るさや視線を通してくれるスケルトン階段にすることで、しっかり明かりを通すのでリビングに圧迫感を与えることもありませんし、この階段がリビングの一つのインテリアとして存在しているという印象を受けました。手すりはアイアンの手すりなので壁とは近い開放感を与えてくれますし、アイアンのデザインがオシャレな空間へと演出していました。

階段というとその下にはデッドスペースが生まれてしまいます。この住宅の階段下はパソコンスペースとして利用していました。階段下の活用法で一番多いのが収納です。しかし見せるリビング階段では、収納にしてしまうより、居住スペースの一部として空間をオープンに利用することが多いのです。空間を余すことなく上手に活用しており、リビング階段の魅力を違った角度から学ぶことができました。

リビング階段の魅力は、家族が繋がる家にできることです。家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋へは行けません。リビングで顔を合わせる機会が増えることで、自然とコミュニケーションが生まれやすくなるのです。我が家の新築住宅にもぜひこのリビング階段を取り入れようと、現在間取りを考えています。

Comments are closed.