家事室

This entry was posted on 木曜日, 8月 27th, 2015 at 6:01 AM and is filed under 新築 . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

住宅の間取りに家事室を設ける家庭が増えてきました。この家事室は主婦が憧れる空間とも言われています。洗濯を行い、洗濯物を干せ、洗濯物をたたみ、洗濯物をしまうという一連の家事をこの空間で全て行うことができるのです。洗面室で洗濯を行い、二階のバルコニーで洗濯物を干し、乾いた洗濯物はリビングや和室でたたみ、それぞれのクローゼットに服をしまうという作業を行っている家庭は多いと思います。この一連の作業を行うのに住宅内を行ったり来たりと無駄な動きが多いのです。

そして我が家のように子どもが小さいと、たたんでいる洗濯物をぐちゃぐちゃにしたり邪魔しに来るので必要以上に家事に時間がかかってしまうのです。家事を円滑に行えないことで家事へのストレスや不満を高めてしまいます。休みのない家事を楽しみながら行えるようにするには、家事効率を高めてくれる家事室を設けることなのかもしれません。

家事室を設ける位置は、洗面室とキッチンの間がいいと言われています。家事動線を考えるとキッチンと洗面室を繋ぐ形で家事室を設けることで、スムーズな家事動線が得られます。家事室には天井から吊るすタイプの室内用の洗濯物干し場を設けるのです。またカウンターデスクを造り付けておけば、洗濯物をたたむカウンターとして、アイロンがけや裁縫をするカウンターとして多目的に使用できます。

またここの広さを確保できれば家族の衣類を管理できるようにファミリークローゼットを設けるのです。たたんだ洗濯物をその場でしまうことができるので家事効率が高まるのです。休みのない家事を負担を感じないようにするにはこのような家事室を設けることが一番いいのかもしれません。

Comments are closed.