パソコンスペースを和室に

Read full article | コメントは受け付けていません。

私が新築住宅への要望に挙げた一つがこのパソコンスペースです。私は家事や育児の合間を縫って自宅でパソコンを使い仕事をしています。また趣味はネットショッピングでもあるので、一日の大半はパソコンと向き合っています。今まで住んでいた住宅にはもちろんパソコンスペースなどありませんでした。ダイニングテーブルが全てを行う作業スペースとなっていました。パソコンをするのも、洗濯物をたたむ台としても、子ども達がお絵かきをするのも、食事をするのも全てダイニングテーブルです。食事の度に食卓を片付けなくてはいけず面倒でした。また何をするのも一緒というのは生活にメリハリを感じられずそれも嫌でした。

新築住宅ではリビングの延長に設けた和室にパソコンスペースを設けました。リビングの延長に設けられた和室は、普段は建具で仕切らずオープンにしています。LDKの一体感も高めた造りにした上に、和室も繋がっていることで広々と開放感で溢れた空間となっています。キッチンから和室にまで目が行き届くのです。このようにすることで和室を多目的に使用できます。ここにパソコンスペースを設けたのには、シーンによって個室にもなるからです。

和室で子どもが昼寝をしながら、ここでパソコンを使い仕事が行えます。子ども達がリビングや和室で遊んでいる様子を確認しながらパソコンを使用することもできます。時に集中したい時は、リビングと区切って一人で仕事に打ち込むこともできるのです。カウンターの隣にはパソコン関連用品を収納できたり、書類をきちんと整理できるように可動オープン棚を設けました。ここには同時に子どものおもちゃも収納しています。子どもから大人まであらゆる用途で使用できる和室となっています。

リビングにスキップフロア

Read full article | コメントは受け付けていません。

最近ではLDKを一体化して広々と開放感を高めるスタイルが人気となっています。以前は壁や建具でリビングとダイニングが分けられている間取りが多かったのですが、LDKの一体感を高めることで家族の繋がりを感じられ、どの空間にも目が行き届くことで子育てしやすい家へと繋がっています。特に家族団らんの場となるリビングはどの空間よりも広く居心地のいい空間を求めることと思います。

しかし子ども達はおもちゃで遊んだり、走り回ったり、勉強もします。ママは洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事を行うこともあります。テレビを見ながらくつろぐ人もいるだけに、リビングはいろいろな目的で使用されるのです。広いとは言え、一つの空間で様々なことを行えば、本来リラックスするはずのリビングの快適性は損なうこともあります。それを解消するためにリビング内にスキップフロアを設けるのがいいと思います。

スキップフロアは多目的に使用できるスペースとして利用するのです。ここには空間にピッタリのカウンターを設けて、収納スペースを確保しておくことで、便利で使い勝手の良さも高まるのです。ここを子どもが遊ぶスペースとして利用すれば、リビングのくつろぐスペースにおもちゃが散らかりにくくなります。またカウンターがあることで、お絵かきやお勉強をすることもできるのです。

LDKに居る家族との繋がりをしっかりと感じながらも、自分の時間を過ごせることで勉強への集中力も高まることでしょう。スキップフロアを設けることで空間にメリハリをつけてくれるだけでなく、生活にもメリハリを付けることができるのです。結果、通常のリビングはゆったりと安らげる空間となるのです。リビングにスキップフロアを設けてみてはいかがですか。

リビング階段

Read full article | コメントは受け付けていません。

リビング階段は現在人気の一つでもあります。リビング階段でも階段の入り口がリビングに面しているものもあれば、階段がリビング内に存在し見せる階段として設けられる場合とに分けられます。先日遊びに行った友人宅には、後者の見せる階段としてリビング階段が設けられていました。

一見リビング内に階段がある!と聞くとリビングが狭いのかな!?とか圧迫感を与えないのかな!?と感じてしまいますが、明るさや視線を通してくれるスケルトン階段にすることで、しっかり明かりを通すのでリビングに圧迫感を与えることもありませんし、この階段がリビングの一つのインテリアとして存在しているという印象を受けました。手すりはアイアンの手すりなので壁とは近い開放感を与えてくれますし、アイアンのデザインがオシャレな空間へと演出していました。

階段というとその下にはデッドスペースが生まれてしまいます。この住宅の階段下はパソコンスペースとして利用していました。階段下の活用法で一番多いのが収納です。しかし見せるリビング階段では、収納にしてしまうより、居住スペースの一部として空間をオープンに利用することが多いのです。空間を余すことなく上手に活用しており、リビング階段の魅力を違った角度から学ぶことができました。

リビング階段の魅力は、家族が繋がる家にできることです。家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋へは行けません。リビングで顔を合わせる機会が増えることで、自然とコミュニケーションが生まれやすくなるのです。我が家の新築住宅にもぜひこのリビング階段を取り入れようと、現在間取りを考えています。

趣味を楽しめる家

Read full article | コメントは受け付けていません。

自宅にいながら趣味を楽しめる家は理想的な家だと思いませんか。我々夫婦の共通の趣味はDVD観賞です。子どもが生まれると映画館で映画を観る機会が奪われてしまいました。しかし家に居ながらお気に入りのDVDを楽しめることで家に居る時間をより充実したものにしてくれます。そんな我が家はDVDがたくさんあります。このDVDをしまう場所を充実させることで、より趣味の時間を楽しめるようになるのです。

テレビを設置する壁一面に壁面収納を設けました。上部にはキャビネットを設け、ここには数多くあるDVDをきちんと収納しています。DVDがほこりをかぶらないように扉のあるキャビネットを使用しました。扉でこれらを隠すことで空間をスッキリ見せることにも繋がっています。テレビを設置している両サイドはオープン棚にしました。写真や子どもが描いた絵、お気に入りの雑貨を飾る場所として重宝しています。下部にはデッキを始め、リビングで必要な小物を収納できるスペースとなっています。DVDを見る時に集中できるように壁面収納は全て白を使用しました。

このように好きな物をきちんと収納できるということも趣味を楽しむことに繋がるのです。今までDVDの収納場所に困り、バラバラにしまわれていたこれらをテレビ周りに収納でき、いつでも趣味の時間を過ごせるように環境を整えることで、子ども達が寝た後の時間は、夫婦でゆっくりと趣味の時間を堪能できるようになったのです。壁一面に収納スペースを集約することでリビングの快適性にも繋がっています。家に居ながら趣味を楽しめる家にしてみてはいかがですか。

家事室

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅の間取りに家事室を設ける家庭が増えてきました。この家事室は主婦が憧れる空間とも言われています。洗濯を行い、洗濯物を干せ、洗濯物をたたみ、洗濯物をしまうという一連の家事をこの空間で全て行うことができるのです。洗面室で洗濯を行い、二階のバルコニーで洗濯物を干し、乾いた洗濯物はリビングや和室でたたみ、それぞれのクローゼットに服をしまうという作業を行っている家庭は多いと思います。この一連の作業を行うのに住宅内を行ったり来たりと無駄な動きが多いのです。

そして我が家のように子どもが小さいと、たたんでいる洗濯物をぐちゃぐちゃにしたり邪魔しに来るので必要以上に家事に時間がかかってしまうのです。家事を円滑に行えないことで家事へのストレスや不満を高めてしまいます。休みのない家事を楽しみながら行えるようにするには、家事効率を高めてくれる家事室を設けることなのかもしれません。

家事室を設ける位置は、洗面室とキッチンの間がいいと言われています。家事動線を考えるとキッチンと洗面室を繋ぐ形で家事室を設けることで、スムーズな家事動線が得られます。家事室には天井から吊るすタイプの室内用の洗濯物干し場を設けるのです。またカウンターデスクを造り付けておけば、洗濯物をたたむカウンターとして、アイロンがけや裁縫をするカウンターとして多目的に使用できます。

またここの広さを確保できれば家族の衣類を管理できるようにファミリークローゼットを設けるのです。たたんだ洗濯物をその場でしまうことができるので家事効率が高まるのです。休みのない家事を負担を感じないようにするにはこのような家事室を設けることが一番いいのかもしれません。

壁と窓の断熱

Read full article | コメントは受け付けていません。

家は長持ちすることと並んで、住み心地が良いことも大切な要素です。快適でしかも省エネが理想です。
自然が作り出す家の中の気持ちが良い場所は、冬は日向ぼっこが出来る場所、夏は涼しい風の通り道ではないでしょうか。たとえば、縁側、テラス、サンルーム、土間など、半戸外的なスペースです。これらと居間をつなげると、居室空間が魅力的になります。
これらのスペースをつくる壁と窓、その性能が快適さを生み出すのです。

壁の断熱は、壁の中に断熱材を入れます。断熱材は、空気の層をたくさん内包して、熱伝導率が低い物質です。
自然系断熱材には、炭火コルク、セルロースファイバー、羊毛などが、鉱物化学系断熱材には、グラスウール、ロックウール、ウレタンフォーム、ポリスチレンフォームなどがあります、一番多く使われるのはグラスウールで、安価ですが、施工に不具合があると、断熱性能が落ちることがあるので、注意が必要です。

窓は従来、採光や通風の目的でつくられ、熱に関しては度外視されていました。しかし近年では、ガラスは断熱性が高い複層ガラスが主流になっています。
しかし、サッシはアルミでつくられているため、ヒートロスや結露が発生しやすくなっています。熱が逃げる割合は、アルミサッシでシングルガラスを100とすると、アルミサッシで複層ガラスでは、71.4、樹脂サッシだとシングルグラスでも35.7と大変断熱性が高くなっています。樹脂サッシはアルミサッシよりかなり高価ですが、北側の窓だけでも樹脂サッシを使うと良いでしょう。

これからの住まいは、断熱をしっかりしてエネルギー消費を抑え、快適に長く住める家を目指すことが大切です。

窓の重要性

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家が新築住宅に一番強く求めたことは、夏は涼しく冬暖かい家にしてほしいということです。冷暖房に頼ることなく、エコな暮らしを送ることで、光熱費の削減にも繋がりますし地球環境にも優しいのです。それを実現するには住宅の断熱性が一番重要なのだとばかり思っていました。しかし住宅自体の断熱性だけでなく、熱の出入り口で一番大きいのが窓の断熱性も高めることが重要なのだと建築家の人から学びました。

そこで我が家はLow-E複層ガラスというのを取り入れました。この窓ガラスは二枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室内側ガラスには遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしているのです。この窓ガラスにすることで窓の断熱性を高められるのです。冬は窓の結露で頭を悩ませている人も多いと思います。窓の結露の原因は窓の断熱性の低さによるものです。断熱性の高い窓で窓の結露を大幅にカットできるのです。

またUVカットも期待できます。紫外線が原因となるしみやそばかすからも守れますし、カーテンや家具の色あせの原因の一つとなっている紫外線を大幅にカットしてくれるのです。また冷暖房の効率もグンと高まるのです。冷暖房に頼らない暮らしを送りたいという我々夫婦の希望に沿った家になるのです。

夏場は約70%の熱が窓から入ってくると言われています。そして冬は室内の暖気を48%も外に逃しているのです。この窓の断熱性を高めれば、冷暖房に頼らなくて済むのです。住宅の断熱性を高めるだけでなく、窓への対策もしっかり行い快適な暮らしが送れるようにしておきたいものです。

洗面室の収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

洗面室は家族みんなが使用する大事な空間です。洗濯機を設置することがら、家事をする上で重要な空間でもあるのです。使用頻度の高い洗面室には、収納しておきたい物が意外とたくさんあります。歯ブラシなどの小物から、ドライヤーや髭剃りなどの電化製品、タオル類、洗濯関連用品などこれらを収納しなければなりません。

またそれだけでなく、下着や部屋着、パジャマまで収納しておくとより便利で使い勝手のいい洗面室にすることができます。下着やパジャマを洗面室に収納しておけば、入浴後必要な物が洗面室で全て揃うので、事前準備をしていなくても問題ありません。

また帰宅して手洗いをした後、部屋着に着替えると思います。わざわざ二階のクローゼットに上がる必要がなく、手を洗ってその場で部屋着に着替えられるのです。住宅内を行ったり来たりと無駄な動きをしなくて済むので便利さを実感できることでしょう。

広さに限りのある洗面室の収納力をアップさせるには、洗面化粧台と洗濯機の間に生まれるスペースを無駄にせず、収納スペースとして活用させるのです。わずかな隙間ですが、このスペースを有効活用させることで、タオル類を収納できたり、洗剤などのストック品を収納しておくことができるのです。

また洗面化粧台や洗濯機の上部にも目を向けてみて下さい。ここにキャビネットやオープン棚を設けることで洗面室の収納力をアップさせることができるのです。洗面室にあったら便利な物までたくさん収納できるようにして、居心地のいい洗面室にしたいものです。

階段下トイレ

Read full article | コメントは受け付けていません。

階段下スペースを収納スペースとして活用させる人は多いと思います。しかし我が家は階段下スペースをトイレとして活用させるのです。階段下にトイレを設ける時は非常に慎重に設計する必要があります。設計を失敗すると天井が低すぎて用が足せなくなってしまうのです。

我が家もこの天井の問題で階段の上り初めの二段がリビングにはみ出てしまいます。しかしこの方法でしかトイレの天井を高く確保できないのです。しかしこのようにするとトイレ内に段差は見えるものの、実際に立つ位置には普通の天井の高さになっているので、用を足すのに支障はありません。
最初の印象は天井が低く狭いのかな!?と感じるかもしれませんが、トイレの奥の半分スペースだけが低いので生活には全く問題ないのです。天井の問題をクリアすれば階段下にトイレを設けることで、空間を上手に活用していると思います。

トイレ内の天井の低い部分は階段途中のホール部分に当たります。このホールまでの階段下部分はトイレ収納として活用できるのです。広さもしっかりと確保できるのでトイレ内で必要な物が全部収納できます。
トイレットペーパーを開けずにそのままの状態で収納できるトイレ収納はなかなかありません。特売日にトイレットペーパーを買い込んでも収納場所に困りません。トイレットペーパーだけでなくトイレの掃除道具やサニタリー用品などしまっておく予定です。

階段下を有効活用させるには特殊な形だけに難しいです。収納スペースにしたとしても不便さを感じることもあります。最初は天井が低くなるので失敗したと思いましたが、今ではむしろトイレをここに設けて良かったと思っています。

家事動線を考えた家

Read full article | コメントは受け付けていません。

専業主婦である私が家造りで重視したのが家事動線の間取りにすることです。家事の効率を高められるかどうかはこの間取りにかかっているのです。頻繁に行き来するところは動線を短く、また行き来がしやすいようにすることが大事です。
家事動線を意識して間取りを決めた理由は家事には365日休みがないからです。休みのない家事への不満やストレスを極力感じないようにすることで、家事を楽しみながら行えるようになると思います。

専業主婦である私が一日のうちの大半を過ごすのがキッチンです。キッチンからの動線を意識しました。まずダイニングです。キッチンの真横にダイニングにしました。一日三度ある食事の配膳がスムーズになります。
キッチンの前にダイニングを設ける家庭も多いですが、配膳する度にキッチンに回り込まないといけません。無駄な動きも多くなってしまいます。キッチンの横をダイニングにすることで横の移動だけでスムーズな動線を確保できるのです。

またキッチンで炊事をしながら、洗面室で洗濯をするということもあります。キッチンと洗面室は行き来の頻度が高いです。それだけにキッチンと洗面室はより近くにして動線を短くしたいものです。ダイニングとは反対側にキッチンと横一直線で結んで洗面室を設けるのです。洗面室とキッチンダイニングを横一直線で繋ぐことで家事動線を短く、そしてスムーズに移動できるのです。

これで家事効率も高まり、家事の時短も実現できることでしょう。家事の時短が実現できれば、今までほとんどなかった自分の時間が得られるそうです。