家族みんなが安心できる浴室

Read full article | コメントは受け付けていません。

浴室は一日の身体の汚れを落とす場所でもあり、一日の疲れを癒し、リラックスする場所でもあります。しかしその浴室で、多くの事故が起きているのも事実です。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室は、家庭の中でも最も危険な場所の一つなのです。特に小さい子どもや足腰の弱った高齢者のいる家庭では安全で安心して入れる浴室にしなければならないのです。

まず床です。つるつるしたタイルの床で滑って転ぶと大きなケガをすることがあります。最近の浴室の床は、表面の凹凸を細かくし、濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっているのです。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、ひざを直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。

次に浴槽です。以前に多かった和式の浴槽は高さがあるだけでなく、床に置くタイプだったため、入浴する時に足を高く上げてまたがなければなりませんでした。小さい子どもや高齢者にはとても入りづらいものでした。最近は、半埋め込み式が主流になり、浴槽のへりのまたぎ部分の高さが低くなり、浴槽への出入りがスムーズに行えるようになっています。

このように浴槽内では、立ったり、座ったり、またいだりと意外と動作が多いのです。つかまる所がなければとても入りにくいのです。入浴動作を考え、浴槽の出入りの時や洗い場に移るときに転びやすい姿勢のときにつかまりやすい位置に手すりを設置しておくことも忘れないようにしましょう。

二階ホール

Read full article | コメントは受け付けていません。

最近の家造りの傾向の一つが、二階ホールを有効活用させることが挙げられます。今までは二階ホールといってもただの通路でしかありませんでした。しかしこの二階ホールを有効活用させることで、趣味を楽しむ空間を得ることができたり、二階で過ごす時間を充実させることができるのです。

我が家の二階はこの二階ホールを中心に考えたと言っても過言ではありません。二階ホールの広さは6帖あり、このホールから二階の各部屋へ行き来できるようになっています。この二階ホールは、一階のリビングの一部を吹き抜けにした面に沿って設けられています。そこでここに室内用の洗濯物干し場を完備しました。天井に埋め込み式のタイプなので使用しない時はスッキリと天井に収まっているので空間を有効的に使えます。冷暖房使用時は吹き抜けを通して風が伝わってくるので衣類がしっかりと乾くのです。室内干しを設ける際には、衣類がしっかり乾く環境であるかが重要なのです。吹き抜けに面しているホールだから室内干しも大活躍です。

ここはファミリースペースとして二階にも家族で集えるスペースとなっています。寝る前の時間を家族でここで過ごすことが多いです。寝室からより近い場所でくつろぐことで、いざ眠くなった時もすぐに寝室で休むことができます。一階とは違った過ごし方ができるファミリースペースは家族の繋がりをより感じられる住まいとなっています。二階ホールを最大限に有効活用させてほしいと思います。

自慢のカップボード

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家のキッチンに設けたカップボードは、キッチンスペースに合わせて造り付けてもらいました。天井いっぱいに広がるカップボードは何と言っても収納力抜群です。収納力とシーンに合わせてキッチンをアレンジできるのも大変気入っています。

まず、収納力です。扉3枚分にも広がるカップボードの扉1枚分は、キッチンパントリーとして食品を収納しています。レトルト食品や乾物、お菓子にジュースなど食品をきちんと収納できているだけでなく、キッチン雑貨まで収納できているのです。そしてその隣の一面には、食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまでこの一面に並べられているのでお皿選びがしやすいのです。そしてその隣の一面には、キッチン家電を収納しています。炊飯器や電子レンジはもちろんのこと、ホットプレートやたこ焼き器、ミキサーにフードプロセッサーなどキッチンに関連する家電をここにきちんと収納できているのです。キッチンを振り返ると一面にキッチン関連用品を収められているので、出し入れがしやすく家事も効率も高まっているのです。

家事を行う時には、扉をフルオープンにして物の出し入れがしやすいようにし、来客時やキッチンを使用しない時は、扉を全て閉めて生活感を感じさせないキッチンにするのです。すりガラスの扉がキッチンにしっかりと明るさを通しながらも、収納しているものをしっかりと隠してくれるのです。その時々でキッチンの雰囲気を変えられるのが大変気に入っています。キッチン家電が目に入ると一気に生活感を感じさせてしまうのですが、扉で閉めてしまえば生活感を感じさせずスタイリッシュな空間が広がるのです。このカップボードのおかげでキッチンの居心地が良くなりました。

パパスペース

Read full article | コメントは受け付けていません。

最近当たり前のようにママスペースが家事の中心であるキッチン近くに設けられることが多いです。しかしパパにとっても自分の居場所となるスペースは欲しいものです。そこで我が家は階段下スペースを活用してパパスペースを設けたのです。リビング階段の下のスペースを有効活用させ、パパの憧れでもあった書斎スペースを設けたのです。

私の主人は一人で過ごすというよりは、身近に家族の気配が感じられた方が安心できるということでしたので、リビング階段の下に設けました。リビングとパパスペースの境には腰壁で空間を緩やかに区切りました。こうすることで、リビングで過ごす家族の様子を感じながらも、自分の空間で自分の時間に集中することもできるのです。ここにはカウンターを造りつけて、パソコンをしたり、持ち帰りの仕事をしたり最高の居場所となっています。

私の友人宅にもパパスペースが設けられていました。それは、寝室を活用し書斎スペースを設けていました。多くの男性が書斎スペースが欲しいと憧れを抱くものです。しかし完全個室の書斎スペースを設けるほど、どこの家庭も空間的余裕はないのです。寝室という空間を有効活用させパパの居場所となる書斎スペースを設けることで、憧れの空間を手に入れることができるのです。夫婦で過ごす時間を大切にしながらも、一人の時間を満喫できるスペースがあることで男性が住宅への満足度を高められるのです。ママスペースばかり重視するのではなく、パパスペースもしっかり設けてあげてほしいと思います。

子ども部屋にロフト

Read full article | コメントは受け付けていません。

屋根裏というデッドスペースを利用してロフトを設ける家庭は多いです。我が家にもこのロフトを子ども部屋に設けました。子ども部屋に設けた理由は、子ども部屋の広さは必要最低限にしたからです。我が家の子ども達はまだ小さいためそれぞれの個室を設けるのではなく、ワンルームの子ども部屋にして、将来的に個室が必要になったらワンルームを区切って二つの個室に分ける予定です。

ワンルームの広さは10帖で、個室に区切ると一部屋5帖づつの広さです。子ども部屋を子どもの成長に合わせて最適の空間にするにはこのスタイルが、空間を臨機応変にアレンジできていいのです。しかし子どもの成長によって物は増えていきます。捨てたくても捨てられないものもありますし、物は増えていくのに空間は狭くなってしまうので、この問題を解消するためにロフトを設けたのです。

子ども部屋は勾配天井を取り入れたので、5帖の個室になっても天井が高いことで閉鎖的な印象になるのを避けられますし、開放感さえ感じられるほどです。この勾配天井を活かして設けたロフトには増えていく物をしっかりと片づけられるようにしたのです。広さに限りのある空間に物が溢れてしまえば、勉強に集中することも、ゆっくりと休息することもしにくくなってしまうのです。

子どもにとっても適度な快適性を得られる空間は必要なのです。子どもが小さい現在は、このロフトが絶好の遊び場となっています。屋根裏をいうデッドスペースまでを有効利用させたロフトを設けたことで、住宅の満足度も高められています。

二階にファミリースペース

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家は階段を上がった先のスペースに家族で集えるファミリースペースを設けました。一階だけでなく二階にも家族で集えるスペースがあるというのはいいものです。家族との時間を大事にできます。ここを家族で利用するのは寝る前の時間です。より寝室から近い場所で過ごすことで、いざ眠くなった時すぐに寝室で休むことができます。我が家にはまだ小さい子どもが居ます。子ども達の寝かせつけも、寝かせつけた後も楽になりました。

昼間はここをキッズスペースとして利用しています。ここにおもちゃを並べているので一階のリビングにはおもちゃが散らかりにくくなりました。ここをキッズスペースとして利用できるのは、このファミリースペースが吹き抜けに面して設けられているからです。子ども達だけで遊んでいたとしてもこの吹き抜けを通して子ども達の気配を身近に感じることができるので、仲良く遊んでいるか、ケンカしているのかという様子が分かりやすいのです。また会話をしたい時はこの吹き抜けに向かって声をかければ、一階と二階で会話がしやすいのです。子ども達だけで遊ばせても安心できるのです。

ここにはカウンターを設けました。将来的には子ども達のスタディコーナーとしても利用させたいなと思っています。現在は旦那さんの書斎スペースとして利用することもあります。ファミリースペースと言っても多目的に使用できるスペースを設けたことで二階で過ごす時間がより充実したものにすることができています。一階だけでなく二階で過ごす時間も大切にしましょう。

ロフト

Read full article | コメントは受け付けていません。

屋根裏というデッドスペースを利用してロフトを設ける家庭も少なくありません。ロフトを設けて大型収納を設けたり、趣味部屋として活用させたり、夫婦でくつろぐ空間としたり色々な目的で使用することができます。ロフトを設ける際にはロフトへの行き来をしっかりと考えましょう。多くはハシゴで行き来を行います。ハシゴだと急な勾配で行き来の際の安全性が下がってしまいます。

ロフトの活用法で一番多いのが収納です。しかしハシゴで行き来するロフトだと収納するものが限られてしまいますし、一人で取り出そうとしても困難なこともあるのです。大きさのあるものや重さのあるものをハシゴで行き来して収納するのは大きな危険を伴います。また若くて体力がある間は不便さをそんなに感じないかもしれませんが、高齢になった時には不便で体に負担をかける収納スペースとなってしまうのです。

ハシゴで行き来するロフトではなく固定階段で行き来できるロフトを設けるといいのです。固定階段だと行き来をする際の安全性がグンと高まります。収納スペースとしても使いやすくなりますし、また趣味部屋や夫婦でくつろぐ特別な空間として利用する場合も行き来がしやすいことでいつまでも大切にしようと心がけるようにもなります。我が家は子ども部屋にロフトを設けました。ハシゴで行き来するロフトなので後悔しました。子ども達の絶好の遊び場となっていますが、2歳の子どもが行き来するにはちょっとヒヤヒヤしてしまいます。ロフトを設ける際には固定階段で行き来できるようにしておくと利用しやすくなるし、安全性も高まります。

パソコンスペースを和室に

Read full article | コメントは受け付けていません。

私が新築住宅への要望に挙げた一つがこのパソコンスペースです。私は家事や育児の合間を縫って自宅でパソコンを使い仕事をしています。また趣味はネットショッピングでもあるので、一日の大半はパソコンと向き合っています。今まで住んでいた住宅にはもちろんパソコンスペースなどありませんでした。ダイニングテーブルが全てを行う作業スペースとなっていました。パソコンをするのも、洗濯物をたたむ台としても、子ども達がお絵かきをするのも、食事をするのも全てダイニングテーブルです。食事の度に食卓を片付けなくてはいけず面倒でした。また何をするのも一緒というのは生活にメリハリを感じられずそれも嫌でした。

新築住宅ではリビングの延長に設けた和室にパソコンスペースを設けました。リビングの延長に設けられた和室は、普段は建具で仕切らずオープンにしています。LDKの一体感も高めた造りにした上に、和室も繋がっていることで広々と開放感で溢れた空間となっています。キッチンから和室にまで目が行き届くのです。このようにすることで和室を多目的に使用できます。ここにパソコンスペースを設けたのには、シーンによって個室にもなるからです。

和室で子どもが昼寝をしながら、ここでパソコンを使い仕事が行えます。子ども達がリビングや和室で遊んでいる様子を確認しながらパソコンを使用することもできます。時に集中したい時は、リビングと区切って一人で仕事に打ち込むこともできるのです。カウンターの隣にはパソコン関連用品を収納できたり、書類をきちんと整理できるように可動オープン棚を設けました。ここには同時に子どものおもちゃも収納しています。子どもから大人まであらゆる用途で使用できる和室となっています。

リビングにスキップフロア

Read full article | コメントは受け付けていません。

最近ではLDKを一体化して広々と開放感を高めるスタイルが人気となっています。以前は壁や建具でリビングとダイニングが分けられている間取りが多かったのですが、LDKの一体感を高めることで家族の繋がりを感じられ、どの空間にも目が行き届くことで子育てしやすい家へと繋がっています。特に家族団らんの場となるリビングはどの空間よりも広く居心地のいい空間を求めることと思います。

しかし子ども達はおもちゃで遊んだり、走り回ったり、勉強もします。ママは洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事を行うこともあります。テレビを見ながらくつろぐ人もいるだけに、リビングはいろいろな目的で使用されるのです。広いとは言え、一つの空間で様々なことを行えば、本来リラックスするはずのリビングの快適性は損なうこともあります。それを解消するためにリビング内にスキップフロアを設けるのがいいと思います。

スキップフロアは多目的に使用できるスペースとして利用するのです。ここには空間にピッタリのカウンターを設けて、収納スペースを確保しておくことで、便利で使い勝手の良さも高まるのです。ここを子どもが遊ぶスペースとして利用すれば、リビングのくつろぐスペースにおもちゃが散らかりにくくなります。またカウンターがあることで、お絵かきやお勉強をすることもできるのです。

LDKに居る家族との繋がりをしっかりと感じながらも、自分の時間を過ごせることで勉強への集中力も高まることでしょう。スキップフロアを設けることで空間にメリハリをつけてくれるだけでなく、生活にもメリハリを付けることができるのです。結果、通常のリビングはゆったりと安らげる空間となるのです。リビングにスキップフロアを設けてみてはいかがですか。

リビング階段

Read full article | コメントは受け付けていません。

リビング階段は現在人気の一つでもあります。リビング階段でも階段の入り口がリビングに面しているものもあれば、階段がリビング内に存在し見せる階段として設けられる場合とに分けられます。先日遊びに行った友人宅には、後者の見せる階段としてリビング階段が設けられていました。

一見リビング内に階段がある!と聞くとリビングが狭いのかな!?とか圧迫感を与えないのかな!?と感じてしまいますが、明るさや視線を通してくれるスケルトン階段にすることで、しっかり明かりを通すのでリビングに圧迫感を与えることもありませんし、この階段がリビングの一つのインテリアとして存在しているという印象を受けました。手すりはアイアンの手すりなので壁とは近い開放感を与えてくれますし、アイアンのデザインがオシャレな空間へと演出していました。

階段というとその下にはデッドスペースが生まれてしまいます。この住宅の階段下はパソコンスペースとして利用していました。階段下の活用法で一番多いのが収納です。しかし見せるリビング階段では、収納にしてしまうより、居住スペースの一部として空間をオープンに利用することが多いのです。空間を余すことなく上手に活用しており、リビング階段の魅力を違った角度から学ぶことができました。

リビング階段の魅力は、家族が繋がる家にできることです。家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋へは行けません。リビングで顔を合わせる機会が増えることで、自然とコミュニケーションが生まれやすくなるのです。我が家の新築住宅にもぜひこのリビング階段を取り入れようと、現在間取りを考えています。